尾身建築

住みよい家づくり(建築設計・施工・リフォーム・アフターケア)をあなたと共に考えます。新潟県十日町市から有限会社尾身建築があなたの家づくりを考えます。

会社概要

ご挨拶

有限会社尾身建築 尾身 稔
インタビュー動画

「大工」と言う職業名が消えて行く?
昔から「大工さん」と言葉にされてきた自分の職業、最近の若いお母さん方に言われたそうです。

「大工さんは何をする方ですか・・・?」

最近は、内装業、リフォーム業、ハウスメーカー、建築士、リフォーム相談員、コンサルタント等々と、資格を優先する時代になりつつあります。
今では「大工」と言われる人たちはおそらく五十代後半から上の年齢の職人さんしかいなくなったのではないかと思います。
その地域の自然のしくみや住宅建築のつくり方についてすべてを知り尽くし、建物づくりに携わる職人を総括できる職人を「大工」というように教わってきました。
しかし、職業の分散化が進み、大工というのが「作業員」になりつつあるように思われます。

昔、「出稼ぎ」と言う関東方面に仕事を求めて冬から春先まで出かけた時がありました。
千葉県にお世話になり、屋根の骨組材の「梁」組を墨付け加工を任されて、いつもの通り始めましたが、向こうの大工さんに怒られました。

「そんなやり方ではだめだ!双方の梁材を半分ずつ欠き組め!!」

と言うのです。海岸沿いは風が強いので屋根が揺れたり飛ばされるから、大きな重い材料の梁と梁を欠き、組込んで揺れに強い屋根構造を作っていたのでした。
雪国の屋根は、梁と梁の欠きを少なく、積み重ね合わせて重みに耐える構造なのです。
他にも関東は平均に湿気の少ない地域ですが、我々の地域は一年中湿気の多い地域です。仕事作業の仕組みや内容は日本中で考えると随分違いがあると思っています。

まだまだ地元の大工さんを目指し夢と希望を持って就職を希望する若者がたくさんいますが、受け入れる工務店が少なくなってきました。
「地域の建築大工」を育てるのは、ハウスメーカーでも建設会社でもなく、我々「地元の大工さん」が三年、五年、十年かけて育てています。
技術の良い宮造り大工さんでなくてもいいのです。地元に残り生活してその地域の技術を学び、何でもできる地元の大工さんを育成できたらと日々頑張っています。
そして少しでも「地元の大工さん、若い職人さんのことを気にかけてくれたら・・・」と願っています。

会社概要

企業名 有限会社 尾身建築
代表者 尾身 稔
所在地 〒949-8526 新潟県十日町市新宮甲342-1番地
連絡先 TEL:025-758-3756 FAX:025-758-3908
事業内容 一般建築工事業 建築一式建設業     建設業許可  登録
二級建築士事務所              設計事務所  登録
社 員
  男性 女性 合計
建築大工 1.2級技能士 9名 1名 10名
2級建築士
1級建築施工管理技士
2級土木施工管理技士
1名 1名
経理・事務 2名 2名
合計 10名 3名 13名
資本金 300万

沿革

昭和46年 4月 中学校卒業 住み込み弟子入りして大工見習いとなる
昭和53年 3月 職人大工として他社に就職
昭和57年12月 尾身建築 設立 一人親方として独立 下請け業務に励む
昭和59年12月 現在地に建築拠点として工場住居完成
昭和62年 4月 従業員入社3名 元請受注も増える
平成 6年 5月 有限会社 尾身建築 設立 従業員6名となる
平成16年 5月 建築士.管理技士及び事務 入社
平成17年 3月 尾身建築設計事務所  開設 二級建築設計事務所
平成20年 3月 テクノスクールより初の女性大工見習い入社
平成20年11月 技能五輪日本大会参加 建築大工の職種 初の女性日本一 金賞
平成21年 2月 住宅瑕疵担保責任保証 登録 財団法人 住宅保証機構
平成21年 9月 技能五輪国際大会(カナダ)参加 建築大工の職種 初の女性国際大会出場
平成26年11月 現在に至る 受注割合  元請業務8割 下請け2割

アクセスマップ

〒949-8526 新潟県十日町市新宮甲342-1番地
TEL:025-758-3756 FAX:025-758-3908

お問い合わせ・ご相談はお気軽に

電話番号 025-758-3756 FAX 025-758-3908
  • 有限会社 尾身建築 〒949-8526 新潟県十日町市新宮甲342-1
  • MAPはこちら
このページの先頭部分まで戻ります。